引っ越し前に知っておきたい

引っ越し業者への依頼は何日前がベストなの?おすすめ引っ越し業社3選!

引っ越しを引っ越し業者へ依頼する際に欠かせないことは、引っ越し見積もりです。

しかし、「引っ越し業者への依頼は何日前にすればいいだろう」と悩まれている方は多いと思います。

本記事では、引っ越し業者への依頼何日前がベストなのか・申し込み方・おすすめ引っ越し業者をご紹介しています!

それでは早速見ていきましょう!

引っ越し業者への依頼は何日前がベストなの?

引っ越し 依頼 ベストタイミング 何日前

結論から言うと少しでも早い方が良いです。

注意点として、3ヶ月前の予約はできないことがあります

3ヶ月前では、対応していない業者が多いので、それまでの間は、見積もりに必要な下調べなど情報を集めておくようにすると安心です。

依頼のタイミング

  • 繁忙期の場合:1ヶ月前
  • それ以外の場合:2週間前

上記はよりも早く予約をした方が、安く良い業者に依頼することができるでしょう。

繁忙期とは

繁忙期とは、引っ越す人が多くなる時期のことを言います。

例)

  • 3〜4月
  • ゴールデンウィーク
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)

少しでも早い方が良い理由

少しでも早い方が良い理由2つあります。

1つ目は、トラックや作業員に限りがあるからです。

そのため、引っ越しの見積もりや予約のタイミングが遅いほど料金が高くなります。

2つ目は、安くて良い業者はすぐに予約が埋まってしまうからです。

ギリギリに予約した場合、安くて良い業者が埋まっているので、選択肢が減り複数社から見積もりを取ることができなくなります。

最悪対応可能な業者が見つからず引っ越しが遅れてしまいます。

3つ目は、荷造りの面でもメリットがあるからです。

予約を確定することで、段ボールや梱包資材を受け取ることができます。

早やくから荷造りが始められるので、バタバタなる心配がありません。

引っ越し費用を抑えれる時期・タイミング

引っ越し 安い月順

転勤などで引っ越しをする場合、どの会社も転勤時期が同じなのでどうしても引っ越しの繁忙期になってしまいます。

そのため、費用が高くなる傾向があります。

しかし、そんな状況でも引っ越し費用を抑えることは可能です!

ポイントとなるのは、時期とタイミング

時期とタイミング

  • 1が月以上前から複数の業者から見積もりをとり、比較・値引き交渉を行う。
  • 引っ越しの時間帯を指定しない。
  • 仏滅や赤口の日の引っ越しをする。
  • 最大繁忙期(3〜4月)を避ける。

引っ越し見積もりまでにすること

見積もり前 準備

ここまでどのタイミングで引っ越し業者へ依頼すればご紹介してきまいたが、見積もりまでにしておくことはないのでしょうか。

見積もりするまでにしておくことをまとめておきます。

見積もりまでにすること

  • どこまでの作業を業者に依頼するか決める。
  • 自分で梱包するか決める。
  • 運搬時注意のいるものをリスト化しておく。
  • 処分するものの処分方法を考える。
  • 予算を決める。
  • 部屋の掃除をする。
  • 業者に梱包されたくないものは自分で梱包しておく。

それぞれなぜしておく必要があるのか解説していきます。

どこまでの作業を業者に依頼するか決める

すべてのことを業者へ頼んでしまうと多額の費用が必要になってしまいます。

「引っ越しを急いでいるから手伝ってほしい。」「自転車を運んでもらいたい。」「テレビの配線や洗濯機ぼ取り付けをお願いしたい。」といった要望を事前に確認しておくことで見積もり時にスムーズに依頼することができます。

自分で梱包するか決める

梱包を業者へ依頼すると費用がかかります。

割れ物や精密機器などの取り扱いが難しいもののみ梱包を依頼するなど自身の希望を明確にしておきましょう。

運搬時注意のいるものをリスト化しておく

引っ越し業者は「標準引越運送約款」に基づいて作業します。

ペットや観葉植物、自転車、精密機器(PCなど)は、特殊な管理が必要になる可能性があり、別料金がかかったり断られたりします。

そのため事前に運搬時に注意がいるものをリスト化しておきましょう。

予算を決める

引っ越し業者へ依頼して引っ越しをする場合は多額の費用がかかります。

事前に相場がいくらなのか確認し、予算を決めておくようにしましょおう。

予算を決めておけば、値段交渉の材料にもなります。

処分するものの処分方法を考える

引っ越し時は不用品が多く発生するかもしれません。もしゴミが出た際には、そのゴミを処分しなくてはいけません。

引っ越し業者に頼んで処分してもらう方法もあります。

また、粗大ゴミとして出す方法もあるので事前に決めておきましょう。

また、不用品買取業者へもっていく方法もあります。

【参考記事】引っ越し時のパソコンの正しい扱い方とは?注意点や故障した場合の補償についても解説!

部屋の掃除をする

早めに掃除をしておくことは見積もりを安く抑えるコツでもあります。

引っ越し料金は荷物の量によってきまります。

少なければ少ないほど引っ越しにかかる費用はおさえられます。

引っ越し業者は部屋の様子を見ただけで段ボール何箱分か、トラックの大きさはどれが最適か判断できます。

そのため、整理整頓されていない部屋では荷物の量が分かりにくく見積もりが高くなる可能性があります。

業者に梱包されたくないものは自分で梱包しておく

引っ越し業者は荷物の量を正確に判断するためにタンス・クローゼット内を確認することもあります。

見られたくないものは先に梱包しておくようにしましょう。

引っ越し見積もりを申し込む方法2選

引っ越し 見積もり 申し込む

引っ越し業者への見積もり方法は2つあります。

  • 引っ越し業者へ直接依頼する。
  • 一括見積もりサービスから見積もりを依頼する。 

それぞれの申し込み方をごお紹介していきます!

引っ越し業者へ直接依頼

引っ越し業者へ直接依頼する方法も2つに分かれています。

  • Webサイトから見積もりをする。
  • 電話から見積もりをする。

Webサイトから見積もりをする

引っ越し業者のWebサイトから簡単に見積もりすることができます。

必要事項を記入し申し込むを押すだけと簡単な作業になります!

最終的には電話で話すことになるので、お急ぎの方は電話からの見積もりがおすすめです!

電話から見積もりをする

引っ越し業者のWebサイトにある電話番号へ電話しましょう。

電話では、見積もりに必要な質問に答えて見積もりを進めていきます。

荷物の多い引っ越しでは、1度訪問を行う場合があります。

一括見積もりサービスから見積もりを依頼

一括見積もりサービスは「引っ越し侍」が無料で提供しています。

一括見積もりとは

一括見積もりとは、複数の引っ越し業者をまとめて見積もりできるサービスです。

複数の引っ越し業者をまとめて見積もりできるので、最安値の引っ越し業者を探すことが可能です!

引っ越し見積もりサービスを予約できるのは、90日前〜引っ越し前日の午前中までの間で可能です。

繁忙期(1〜3月)は60日前までに変更される可能性があるので注意しましょう。

引っ越し見積もりキャンセルの仕方

引っ越し キャンセル 仕方

引っ越し業者に見積もりを依頼した後のキャンセルはできるのでしょうか。

結論から言ってできます!

では、どのようにキャンセルしたら良いのでしょうか。

場面別で詳しく見ていきましょう。

訪問見積もりをキャンセルする場合

訪問見積もりは、基本複数の引っ越し業者へ依頼します。

その際、先に来た引っ越し業者で決定する場合や依頼する業者を決めた際に、他の引っ越し業者はキャンセルしなくてはいけません。

先に来た引っ越し業者で決定する場合は、できるだけ早くキャンセルの意思を伝えるようにしましょう。

引っ越しを依頼する業者を決めた際は、返事を聞くためにかかってきた電話で断れば問題ありません。

もちろん、こちらから連絡を入れても大丈夫です。また、キャンセルを伝えるのはメールでも構いません。

一括見積もり後キャンセルする場合

一括見積もりをした後キャンセルしたい場合は、連絡を入れる必要はありません。

見積もり後にかかってくる電話で、その際に断れば問題ありません。

引っ越し業者と契約した後にキャンセルする場合

引っ越し業者と契約した後に気が変わり、キャンセルする場合もあると思います。

そんな時でもキャンセルすることは可能です!

ただし、キャンセル料が発生するため、契約した引っ越しの日の3日前までキャンセルすることを伝えておきましょう。

キャンセル料は、「標準引越運送約款」によって以下のように決められています。

キャンセルの日 キャンセル料
引っ越し当日 引っ越し料金(運賃及び料金)50%以内
引っ越し前日 引っ越し料金(運賃及び料金)30%以内
引っ越し2日前 引っ越し料金(運賃及び料金)20%以内

引っ越し業者の会社規定によりその料金も支払わないといけない場合があるので、早めにキャンセルする事を伝えておきましょう。

悪天候でキャンセルする場合のキャンセル料

雨が降っているからキャンセルしたい!と言う方は多いでしょう。

しかし、「雨が降っているから」と言う理由でキャンセルする場合は、キャンセル料が発生します。

引っ越し業者は基本的に雨天決行であることを覚えておいてください。

しかし、「標準引越運送約款」では地震・津波・暴風雨など災害の危険がある場合セービスを停止しても良いというルールがあります。

サービスの停止は引っ越し業者が決めるため、こちらからキャンセルをお願いした場合キャンセル料が発生します。

事前に、引っ越し日の天気を確認し天気が悪くなりそうな場合は早めにキャンセルしましょう。

事前にオプシャンサービス受けた後のキャンセル料

オプションサービスとは

エアコン取り外し・家具の移動サービスなどプラスでつけれるサービスのこと。

オプションサービスが引っ越し前に完了していた場合は、オプションサービス分の料金は支払いの対象になります。

契約前に引っ越し業者が置いていって梱包資材のキャンセル料

訪問見積もりの際(契約前)に、引っ越し業者が梱包資材を置いていった場合、新品のままならキャンセル料金を支払う必要はありません。

大手10社を徹底比較!おすすめ引っ越し業社3選!

おすすめ 引っ越し業者

引っ越し業者が多くてどの業者を選んだら良いかわからないなんて言う方は多いと思います。

大手10社をあらゆる観点から比較していきおすすめ業者をご紹介します!

選定基準

・価格帯

・サービス

  • 安心マーク
  • サービス量
  • 梱包資材の豊富さ
  • 補償内容
価格 サービス 総合
単身 家族 安心マーク サービス量 梱包資材 補償内容 総合評価
アート引越センター やや高 ★★★★★
サカイ引越センター やや高 ★★★★☆
日本通運 標準 やや安 ★★★★☆
アリさんマークの引越社 やや高 標準 ★★★★☆
ハート引越センター ★★★★☆
西濃運輸 標準 標準 ★★★★☆
福山通運 やや高 標準 ★★★☆☆
ファミリー引越センター ★★★☆☆
アーク引越センター やや高 標準 ★★★☆☆
ベスト引越サービス やや安 ★★★☆☆

上記の表をもとにおすすめする業者はこちらです!

料金は高いが質の良い引っ越し業者

▶アート引越しセンター(https://www.the0123.com)

料金を抑えて標準的なサービスが受けられる引っ越し業者

▶ハート引越センタ(http://www.hikkoshi8100.com

高いサービスで標準価格の引っ越し業者

▶日本通運(https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/

まとめ

いかがでしたか?

引っ越し業者へ見積もり依頼をする際のポイントをまとめておきます。

・見積もり依頼のタイミング

  • 繁忙期の場合:1ヶ月前
  • それ以外の場合:2週間前

・見積もり依頼する時期とタイミング

  • 1が月以上前から複数の業者から見積もりをとり、比較・値引き交渉を行う。
  • 引っ越しの時間帯を指定しない。
  • 仏滅や赤口の日の引っ越しをする。
  • 最大繁忙期(3〜4月)を避ける。

・見積もりを申し込む方法

  • 引っ越し業者へ直接依頼する。
  • 一括見積もりサービスから見積もりを依頼する。

お急ぎの方は電話からの見積もりがおすすめ!

・引っ越し契約後は、3日前までにしないとキャンセル料が発生する 。

引っ越し見積もりを依頼する方法は意外と簡単でしたね。

しかし、引っ越しをしたい日ギリギリに依頼すると引っ越し業者の予定があいていないことがあります。

希望日に引っ越ししたい方は見積もりに必要な情報を早めにそろえなるべく早く依頼を出す必要があります。

あなたにとってベストの引っ越し業者と契約をし、スムーズに引っ越しができるようにした準備は徹底して行っておきましょう!